【節税】会社員が4~6月残業をしてはいけない理由

税計算給与

みなさん、こんにちは。

今回は会社員が4~6月に残業をしてはいけない理由を解説します。

社会人3年目<br>りょうくん
社会人3年目
りょうくん

えっ?そうなの?どうして?

それはずばり健康保険料や厚生年金など税金がそれらの月の給与で決定されるからです。

つまり4~6月に多くの残業代をもらってしまうとその分多くの税金を払うことになるのです。

この記事では以下の2点について説明します。

・税額決定の方法 定時改定と随時改定

・残業代の考え方

では見ていきましょう。

税額決定の方法

税額は一度決まると多くの場合は一年間そのままの額となります。

それは税額決定の方法の為です。

税額の決定方法は2つあります。

①定時改定

 定時改定とは、先ほど説明した4、5、6月の給与額をもとに、一年に一度税額を決定する方法です。

会社はあなたの3か月の給与額を、健康保険組合や年金事務所に届出を行い、これによってあなたの等級が決まります。

等級には対応する税額が決められており、給与額が高いほど、等級が高く、税額も高いということになります。

②随時改定

 随時改定とは、昇給などにより、先ほど説明した等級が二つ以上変更となる場合に届出を出すことで、一年の内いつでも税額の決定の手続きができます。

ただし問題となるのが、この二つ以上等級が変更になるという条件で、2万円以上の変動がない限り改訂は行われません。

その為、定時改定で決定された税額は一年間継続されることが多いのです。

残業代の考え方

以上の理由から4、5、6月に多く残業をしてしまうと通常より多くの税金を取られてしまうという記事でした。

もちろん私も一会社員として、残業の量を個人でコントロールすることが難しいということは、わかっています。

ただ税金がどのように決められるかを知っていれば余計な税金を支払わなくてよくなるかもしれません。

このことがどなたかの役に立てばと思い、この記事を執筆しました。

これからもあなたに少し役に立つ情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

給与 豊かさ
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました