【自分の強みがわからない?】ストレングス・ファインダー2.0

書籍紹介

みなさんこんにちは。

さて突然ですがあなたは自分の強みを聞かれて即答できますか?

社会人3年目<br>りょうくん
社会人3年目
りょうくん

うん。ベッドに入ったら5秒で眠れるよ!

はい、素晴らしいですね。

ちなみにベッドに入ってすぐ眠りにつくのは気絶しているのと同じらしく、10分くらいかけて眠りについていくのが良いらしいです。

そんなことはさておき、強みといわれたら通常人よりも優れている点であることが多いです。

私も昔は自分に強みなんてないと思っており、就職活動の強みの欄に何を記入したらよいのか迷っていました。

でも強みを知っていれば「強みのゾーン」に入ることができます。

「強みのゾーン」とは自分がもっとも得意とすることに専念している状態であり、それができていると

  • 仕事に行くのが楽しみ
  • 同僚と積極的に関わる
  • 顧客を大事にする
  • 勤務先の良さを友人に語る
  • 日々の達成率は好調だ
  • 前向きで創造的だ

上記のような状態になるとされています。

こうなってしまえば人生の成功は約束されたようなものですね。

しかし、もしあなたが自分の強みを認識せず日々仕事をしており、苦手とする業務を行っている場合は

  • 仕事に行くのが不安だ
  • 同僚とはあまり関わらない
  • 顧客をないがしろにする
  • 勤務先がいかに悲惨かを友人に語る
  • 日々の達成率は低調だ
  • 前向きに考えられず、創造的でなくなる

こんなことをしていると仕事だけでなく、人間関係や健康にまで影響を及ぼしそうですね。

では自分の強みを知る為にはどうしたらいいか?

一つの答えとしてストレングス・ファインダーという本を紹介します。

この本を購入すれば、あなたの強みが必ず見つかります。

あなたもぜひこの本で自分の強みを知り、豊かな人生を歩みましょう。

本の構成

この本の構成は以下のようになっています。

ウェブテストへのアクセスコード

34個ある資質についての説明

まずは本書についてるURLとアクセスコードで、ウェブ診断を受講します。

ウェブ診断はかなり正確な診断で、私は全ての設問に答えるのに30分ほどかかった記憶があります。

その結果、自分の強みトップ5がわかります。

それについて解説を読むというような形です。

各強みについてはまずは特徴が記載されており、次に強みを持った人の意見、そして行動のアイデアが書いてあります。

この本の優れている点

ずばり行動のアイデアまで落とし込んで記載がされていることです。

例えば私の強みの一つである共感性を例にお話しします。

多くの自己診断などで表現されるのは特徴までです。

共感性であれば、<あなたは周囲の人の感情を察知することができます。>などと言われても、「確かにそういう所は自分にあるかも。でもどうすればいいの?」となってしまいます。

しかし、本書では具体的な行動のアイデアまで記載がされています。

<あなたの周囲でつらそうな人がいたら、さりげなく周りに知らせましょう。>と言われたら、「なるほど!」となるはずです。

そのようなヒントが本書にはたくさん記載されています。

自分の強みを考える際のエピソードとしても行動のアイデアから過去に自分が行ったことを照らし合わせれば、必ず見つかるはずです。

いかがだったでしょうか。

今少しでも悩みがある方・自分を見つめ直したい方には絶対おすすめの本です。


この本で強みを知り、強みのゾーンへと入り、成功への第一歩を歩みだしませんか?

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

書籍紹介
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました