【ダーツ・投げ方】スピンは掛けるべき?掛けないべき?

ダーツ・趣味

みなさんこんにちは。

今回はダーツの投げ方の内、スピンについて書いていきます。

ダーツの投げ方を考えるとぶつかることが多いスピンについて自分の考え方を書いていきます。

結論としては「どっちでもいい」わけなんですが、そこに至るまでの経験を皆さんにお伝えできればと思います。

では見ていきましょう。

スピン掛けない派

私は元々はスピンは掛けない派でした。

理由はその当時尊敬するトッププロの人が掛けないと言っていたからです。

またそのプロの理論としてはスピンを掛けようとすると余計な力が掛かり、真っ直ぐ飛ばしづらいということでした。

その他の理由としてはハードダーツの場合はスタックという技術があります。

スタックとは一本目のダーツの羽に乗せるように投げる技術のことで、これはスピンが掛かっていない方がやりやすいとされています。

スピン掛ける派

スピン掛ける派の理由としては飛びが安定するからです。

野球の投球で考えるとわかりやすいと思うのですが、ストレートの場合は球は一定の回転をしているのに対し、ナックルボールは回転をさせずに不規則に変化します。

つまり、物を飛ばす時は回転させた方が安定するのです。

なぜどっちでも良いか

結論としてはどちらでもいいのですが、その理由はスピン掛ける派の理由が否定されているからです。
野球のように長い距離であれば効果があるものの、ダーツボードまでの短い距離であれば、スピンの有無はそこまで影響しないのではないかとされています。

今はスピン掛かってます

スピンに意味がないのであれば、掛けないように投げればいいと思われますよね。

ただ今の私は反時計回りにスピンが掛かっています。

これはなぜかというと親指が残る形でリリースしているからです。

私の場合は、最初のトッププロの意見とは反するのですが、スピンが掛からないように親指側と人差し指・中指側を同じタイミングで離そうとする方が力が入り、うまく飛ばせずこの形になりました。

このような感じで、スピンの有無はあまり関係ないので、自分の手離れが良いと思う形で投げるのがベストかと思います。

いかがだったでしょうか。

この辺りはかなり感覚的な話で、言葉にすると伝わりづらいのですが、あなたのダーツライフの一助になればと思い書かせてもらいました。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

ダーツ・趣味
スポンサーリンク
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました