【いくらから】お金持ちとは?

ウォールストリート給与

皆さんこんにちは。
今日はお金持ちについて考えていきたいと思います。
突然ですが皆さんお金持ちになりたいですよね?僕はなりたいです。皆さんここはすぐに「はい。」と言えるはずです。
ではいくらほしいですか?こう聞かれるとどうでしょうか?なかなか即答できないのではないでしょうか?
今回はそこについて少し考えてみましょう!

この記事を読むと以下の2点がわかります。

  1. お金持ちってどこからお金持ち?
  2. 皆さんが抱くお金持ちの誤解

ではさっそく見てみましょう。

お金持ちのイメージ

リッチ

お金持ちとはどういった人のことを言うのでしょうか?僕は幸い学生時代にこんな人たちに出会ったことがあります。

趣味は馬術とクレー射撃というお嬢様、、、、貴族か?!

大学入学祝いに車を買ってもらったボンボン。でも自家ヘリでの移動が好きとのこと。
ちょっと何言ってのかわからないですね~。

ただまあこの人達は実はお金持ちではないですね。親がお金持ちではあるかもしれませんが、、、

お金持ちとは?

いくらから?

実は資産家の定義は決まっています。
富裕層は株式、債券、投資信託、預貯金などの金融資産を合わせて1憶円~5億円
さらに超富裕層は5億円以上を指すそうです。

これが世に言うお金持ちとなるようです。
いわゆる年収1000万オーバーではないあたりギャップがあった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また資産家というようにお金持ちが現金をたくさん持っているとは限らないようです。
むしろ比率としては株式、債券などの金融資産の割合が多いようです。

イーロン・マスクが世界一の資産家となったというニュースがありましたが、(またすぐに抜かれてしまったようですが、)これは自身が社長を務める企業の株価上昇に伴って総資産が増えているからです。また、コモディティに分類されるビットコインも保有することで話題となりましたね。

つまり資産家は現金をたくさん持っているわけではないのです。

ではどのようにして資産家になればよいのか。

それは今後記載していきます。

では今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

給与 豊かさ
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました