個人で稼ぐスキルの測定方法3選

書籍紹介

みなさんこんにちは。

今回は個人のスキルの測り方について書いていこうと思います。
昨今個人で稼ぐ力を付けようという風潮がありますが、会社員の場合、具体的にどんな力を付けたら良いのかわからないと思います。

そんなあなたでも大丈夫!
今の会社の評価ではなく、自分の市場価値を下記3点から考えることで、どこを伸ばしていけばいいのか明確になるはずです。

では見ていきましょう。

三つの観点

専門性

ここでいう専門性とは職種によるスキルです。
営業であれば営業力、ITエンジニアであればプログラミング力です。

これを社内ではなく、市場にどれくらいの価値があるのか考えてみてください。

これがあなたの根幹になる力です。数値で示せるとより具体的になるでしょう。

経験

ここでいう経験とは職種に関わらず評価される能力のことです。

例えば新人の育成やチームのリーダーなどがこれにあたります。
専門性とは別にこういった経験というのは評価の対象となります。

あなたのこれまでの経験を振り返ってみてください。

人脈

人脈とは会社の看板ではなく、あなたに仕事をくれる人がどれくらいいるかになります。

ただ、一社会人で仕事をもらえるというのは飽くまで目標であり、
実際には信頼構築力がどれくらいあるかというのが、人脈の力となります。

求められる市場価値

ここまで市場価値の観点を三つ紹介しましたが、年齢とともに求められる観点は変わっていきます。

20代は専門性、30代は経験、40代は人脈という風に求められる比重が大きくなります。

より詳しく知りたい方はぜひ書籍を読んでみてください。


いかがだったでしょうか。

個人で稼ぐスキルについて書いてきましたが、ご自身の市場価値の立ち位置はイメージできましたか?

これらの力が十分であれば、独立ということも考えてよいかと思います。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

書籍紹介 転職
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました