【脱・失敗】営業職からIT業界へおすすめ職種3選【プログラミングスキル必要なし】

転職

みなさんこんにちは。

今回は営業職からのIT業界への転職について書いていきます。

入社3年目<br>りょうくん
入社3年目
りょうくん

IT業界ってプログラミングできないと厳しいのかな…?

結論から言うと不要です。
IT業界というとエンジニアのイメージが強いですが、プログラミングスキルが不要な職種もたくさんあります。

私もIT業界に来て3年になりますが、社内でプログラミングを行ったことはありません。

そこでIT業界の職種について紹介しつつ、おすすめのものを紹介していきます。

IT業界という今後需要が尽きない業界に移りつつ、今までのスキルを活かして年収アップを狙っちゃいましょう!

では見ていきましょう。

コンサルタント☆おすすめ

いわゆるコンサルという職種です。

導入プロジェクトなどでクライアントから要望を聞き、システムの説明を行う業務を担当します。

また、クライアントの要望をシステムでどう実現するかの検討を求められるので、提案型営業をされている方はそのままスキルを活かせておすすめです。

営業☆おすすめ

こちらは職種の変更はなしになります。
ただし、無形の営業となりますので、クライアントにシステム導入後にどのようなベネフィットがあるのか説明する能力が求められます。
こちらも今のスキルがそのまま活かせます。

運用・保守担当☆おすすめ

システム導入後に月次で業務がある場合や、問題が発生した場合にクライアントの窓口となって対応する職種です。

クライアントが運用を行う間はお付き合いがあることになりますので、長期間の信頼構築能力が求められます。

ルート営業などで、長期間の信頼関係を結んできた方はそのスキルを活かせます。

システムエンジニア 参考

IT企業によくある職種として参考なるように、説明します。

システムエンジニアはいわゆるプログラマーでプログラミングを使ってシステムの構築を行う職種です。

PM(プロジェクトマネージャー) 参考

こちらも参考として記載します。

IT企業のシステム導入についてはプロジェクト制をとる為、PMという職種があります。

コンサルの進捗管理を行う、クライアントとの交渉を行うなどが主な業務になります。

いかがだったでしょうか。

営業のスキルがそのまま活かせる職種は多くあり、評価されやすいです。

実際の転職の準備については下記記事を参考にしてみてください。

あなたの適正を考えて、よりよい職種を選んでください。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

転職
スポンサーリンク
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました