【おいしいコーヒーの入れ方】1日の中でリラックスタイムを作る方法【③ハンドドリップアイスコーヒー】

コーヒー

みなさんこんにちは。

今回はリラックスタイムを作る方法の内、ハンドドリップでのアイスコーヒーの作り方を紹介します。

おうちでおいしいアイスコーヒーが飲めたら、気分もスッキリして最高ですよね。

でも、おいしいアイスコーヒーを淹れるには少しコツがいるのです。

ポイントは少し濃いめに入れる一気に冷やせです。

では見ていきましょう。

コーヒーハンドドリップの手順

①器具を準備してお湯を沸かす

サーバー、ドリッパー、氷をたくさん用意して、お湯を沸かします。

お湯は90℃~95℃がベストとされています。

沸騰して表面の泡立ちが収まるまで待つか、私はやかんでお湯を沸かし、沸騰直後にドリップポッドに移すということをしています。そうするとだいたい良い温度になります。

②ドリッパーの準備をする

ドリッパーにペーパーフィルターフィルターをセットします。

ペーパーフィルターは底の接着部分を折りこみ、側面の接着部分も逆側に折りこみます。

そしてコーヒー粉を準備します。コーヒー粉の量はお湯100ccに対して6~7gで少し濃いめにすることがポイントです。

飲みたい分量に合わせてコーヒー粉を用意してください。

そして、ペーパーフィルターにコーヒーの粉を入れます。

③お湯を注いで蒸らす

コーヒーの粉を入れたら、ドリッパーを軽くゆすって表面を平らにします。

そして、ゆっくりとお湯を注ぎます。
お湯は三回に分けて注ぎます。①最初はお湯の約2割を使って蒸らしをします。

時間は30秒ほどです。

④抽出する

②お湯の2割ほどを注ぎます。中心から「の」の字を描くように注ぎます。
③残りの6割を注ぎます。この時なるべくお湯が落ちたら継ぎ足して、同じ圧力がかかるようにしましょう。

⑤冷やして完成

お湯が落ちきったら抽出完了です。
ここでサーバーに一気に氷を入れて全体を冷やしましょう。
一気に冷やすことで、香りを閉じ込め、雑味も出すことなく冷やすことが出来ます。

これで完成です。
おいしいコーヒーを楽しんでください。

いかがだったでしょうか。

お家で少し手間をかけて、アイスコーヒーを淹れればスッキリ。
勉強も家事も仕事も進むはずです!

ハンドドリップに必要な器具については下記に記載しているので、参考にしてみてください。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

コーヒー
スポンサーリンク
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました