【0から解説】今知りたい確定拠出年金とは何か?実際の運用益を公開

給与

みなさんこんにちは。

本日は節税方法として有用な確定拠出年金について書いていきます。

社会人3年目<br>りょうくん
社会人3年目
りょうくん

確定拠出年金か~言葉は聞いたことがあるけどよくわからないな。

りょうくんと同じように思っている人は多いかもしれません。

でも安心してください。この記事を読めば確定拠出年金について理解するとともに、どういった人が始めるべきか、そして、始め方について記載します。

少しでも興味がある方は見ていってください。

確定拠出年金のメリット・デメリット

メリット:税制優遇

メリットとしては税制の優遇が挙げられます。

  1. 所得税・住民税の負担軽減
  2. 運用益はすべて非課税
  3. 受け取り時にも公的年金等控除や退職所得控除を利用して非課税とできる。

デメリット:60歳まで引出不可・元本保証なし

デメリットとしては以下2点が挙げられます。

  1. 60歳までは原則的に引き出すことができません。
  2. あくまで個人で投資先を選択することになります。元本が保証されない商品もあります。

確定拠出年金の種類(企業型・個人型)

確定拠出年金は年金システムの3階部分にあたり、公的年金を補完するものという位置づけになります。

リンク:年金制度説明図(出典:厚生労働省HP)

確定拠出年金には2種類あり、企業型確定拠出年金と個人型確定拠出年金(ideco)になります。

社会人3年目りょうくん
社会人3年目りょうくん

どう違うの?

エイブ
エイブ

主催が会社か個人かが主な違いだよ。

企業型確定拠出年金

企業型確定拠出年金にあなたの会社が加入している場合、あなた(加入者)が会社負担分に追加で掛け金を上乗せできる制度を導入している可能性があります。

これをマッチング拠出といいます。

個人で拠出した分については所得税が非課税となります。

また運用によって利益が出た場合、通常であればそちらにも約20%の税金が掛かりますが、確定拠出年金については非課税です。

個人型確定拠出年金(ideco)

個人型拠出年金はその名の通り個人で加入するものです。

あなたが会社員か、自営業者かなど立場によって拠出金額の上限が決められています。
また、個人で金融機関に口座を開設し、どの商品に拠出するのか決める必要があります。

どんな人が始めるべき?

私の正直な感想としては全員始めたほうがいいと思っています。

ただ実際に始めるには手続きが必要であったり、積立商品を選ぶ必要があります。

その為、税制の優遇を受けたいという人だけ始めればいいと思っています。

逆にかつての私のように日々の生活がカツカツで、給料日前に残り3日を500円で過ごさなければいけないというような人にはおすすめできません。

確定拠出年金を始める前にすべきことがあります。

確定拠出年金の始め方

具体的な確定拠出年金の始め方ですが、企業型の場合、加入の時期が決められていることが多いです。

その為、会社の規定を確認して、時期になったら手続きを行ってください。

個人型の場合は、自身で金融機関を選びideco用の口座を開設することが第一歩となります。

審査などもあり、少し口座開設には時間が掛かりますので、まずはそこから始めましょう。

ちなみに私は松井証券で口座を開設しました。理由は手数料が最安だったからです。

以下リンク↓

松井証券なら運営管理手数料0円

実際儲かるの?

これは実際なんとも言えません。結局金融商品を購入するので元本割れを起こすことはあり得ます。

ただ税制面の優遇だけで通常の預金よりメリットがあると私は考えています。

また、運用を4年ほど行っている私の損益は以下で、49,000円ほど値上がりしている状態ですね。

特に値上がりなどを気にしてはいませんが少し初めてみたい気分なりませんでしょうか。

さていかがだったでしょうか。

確定拠出年金について少しでも理解頂けましたら幸いです。

こういった様々な選択肢を知った上で、自分がどうするのか考えていくことが豊かな人生へと繋がっていると思っています。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

給与 豊かさ
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました