豆からコーヒーを淹れるメリット・デメリット

コーヒー

みなさんこんにちは。

本日はコーヒーを豆から淹れるメリット・デメリットについて記載していきます。
コーヒーを本格的に淹れてみたいという方に向けての記事となっています。

ぜひあなたも豆からコーヒーを淹れて上質な暮らしを送ってみませんか?

それでは見ていきましょう。

メリット

メリット

新鮮

メリットの一つ目は、コーヒー豆で保存することで新鮮さを保つことができることです。

コーヒーにとって最大の敵は「酸化」です。
コーヒー粉で保存をしているとどうしても風味が失われていきます。

それと比較して、コーヒー豆で保存をしていると風味を保つことができ、いつまでも香り高いコーヒーを淹れることができます。

カスタマイズ可能

コーヒー豆を自分で挽く場合、挽き方を調整することができます。

挽き方は大きく「粗挽き」、「中挽き」、「細挽き」の3種類となります。
自分でコーヒー豆を挽く場合は、毎回挽き方をカスタマイズでき、より味わいの良い挽き方を探求することができます。

味わいとしては粗挽きの方がすっぱみやスッキリ感が出やすく、細挽きの方が苦みや深い味わいとなります。

そのコーヒー豆に合わせた挽き方を自分で見つけていきましょう。

デメリット

デメリット

手間がかかる

やはりコーヒー粉の状態で購入するより、一工程増えることになります。
それが面倒くさいと感じる時もあります。

お店より品質がばらける

使用するグラインダーによりますが、お店で大量に挽く場合より、品質が一定にならないことがあります。

これによりコーヒーの味にも少し雑味が入る可能性があります。

コーヒー豆の挽き方

コーヒーミル

どのように挽くか

先ほども説明しましたがお豆を入れて挽いていく際、挽き方には種類があります。
基本的には豆の煎り方によって合う挽き方があります。

浅煎りの場合は粗挽き、中煎りの場合は中挽き、深煎りの場合は細挽き、エスプレッソを淹れたい場合は極細挽きとなります。

それに合わせた挽き方ができる器機を選びましょう。

手動式と電動式

まずは手動式です。

手動式の利点は以下の通りです。

  • 見た目がおしゃれでインテリアにもなる
  • 挽き具合を細かく設定可能
  • エスプレッソ用の極細挽きもできる

続いて電動式です。

電動式の利点は以下の通りです。

  • シンプルな見た目のものが多い
  • 手間がかからない
  • 手動より均一になりやすい

私のおすすめは手動式です。
これは完全に趣味の問題ですが、ミルの見た目がこれぞコーヒーという感じでとても気に入っています。

特にインテリア的なこだわりがなければ、電動を使うことをおすすめします。
コーヒーは飲みたいが豆を挽くのが面倒で、インスタントを飲む日がそこそこの頻度であります、、、
そうなってはもったいないです。

いかがだったでしょうか。

コーヒーを豆から淹れるとかなり本格的といえるのではないでしょうか。
メリットでも説明した通り豆の状態で保存することで、かなり風味豊かな状態を保ちつつ、コーヒーを楽しむことができます。

またコーヒーをハンドドリップで淹れる方法はこちらで解説しているので、合わせて確認してみてください。

今より少し上質な生活を送ってみたい方はぜひチャレンジしてみてください。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

コーヒー
スポンサーリンク
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました