コーヒー豆の選び方3選【ブレンド・煎り方・産地】

コーヒー

みなさんこんにちは。

今回はコーヒー豆をどのように選べばよいのか解説していきます。

コーヒー豆を選ぶ時にコクや苦みなどの度合いが書いてありますが、どれを選んだら良いか迷うことはありませんか?

この記事を読めば、以下のことがわかります。

  • コーヒー豆の何を確認して買えばよいのか
  • 良いコーヒー豆の見極め方
  • 自分の好きなコーヒー豆の見つけ方

コーヒー豆の選び方に困っているあなたはぜひ読んでいってください。
最後まで読めばきっとあなたの好みのコーヒー豆を選べるようになります!

では見ていきましょう。

ブレンドかストレートか

ブレンド

まず一つ目のポイントはブレンドか否かということです。

ブレンドというのは複数のコーヒー豆を配合することです。
逆に「ブラジル」や「コロンビア」など産地が一つのものをストレートと言います。

ブレンドの目的は以下の2点です。

  • 香りや味を好みのものにする。
    様々なコーヒーの持ち味を生かしつつ新たな風味を生み出します。
  • 味や品質を一定にする。
    コーヒー豆は農作物なので、品質にばらつきがありますが、複数の豆をブレンドするこで、品質が安定します。

特徴としてストレートは個性が強く出る為、コアにはまる人が出る一方で、まったく受け付けない人もいるでしょう。
ブレンドの場合は複数の味わいが混ざっている為、飲み口が柔らかく多くの人に好まれる傾向にあります。

コーヒー豆の煎り具合

煎り具合

焙煎(ロースト)はコーヒー豆の加工の工程で、この煎り具合によって味わいが変化します。
一般に浅煎りの方が酸味が強く、深煎りになるにつれ苦みが強くなります。

煎り具合には名前があります。

ライトロースト・シナモンローストは浅煎り

ハイロースト・シティローストは中煎り

フレンチロースト・イタリアンローストは深煎り

酸味が好きな人は浅煎りを、苦みが好きな人は深煎りを選びましょう!

コーヒー豆の産地の記載方法について

産地

産地についても確認してみましょう。

コーヒー豆は裏面に「生豆生産国」が記載されています。

例えば「生産国:ブラジル」と記載があった場合は、ブラジルの豆だけが使用されているストレートであるとわかります。
「生産国:ブラジル、コロンビア、他」となっていれば、ブレンドされている
ことがわかります。

またさらにこだわりのあるお店であれば、産地の国名の後に農園の名前が記載されていることがあります。
もし記載があるのであれば、かなり厳選した商品ということになるので、信頼できるものと言えます。

製品によっては「ブラジルブレンド」のように、産地+ブレンドと書かれているものもあります。
この場合はブラジル産の豆が30%以上含まれたブレンドということになります。

生産国ごとにコーヒー豆の特徴があり、好みに合わせたものを選びましょう!

まとめ

以上、コーヒー豆の選び方のポイントをご紹介しました。

色々なコーヒーを飲み比べて、少しずつ自分の好みを知っていくことも、コーヒーの楽しみ方のひとつであると私は思います。

ここまで読んでみたけどピンと来なかった方はぜひ以下から無料の診断を受けてみてください。
自分に似合うコーヒーが見つかります。

それでは今日より少しよい明日を目指して!ではまた!

コーヒー
スポンサーリンク
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました