【おいしいコーヒーの入れ方】1日の中でリラックスタイムを作る方法【①ドリップパック】

コーヒー

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
在宅勤務が続き、一日中家で過ごすなんて方も多いのではないでしょうか。


私自身も休日趣味のゲームをして気づけば夕方なんてことがよくあります。
ゲームをすること自体は楽しいのですが、終わった後にどこか虚しさを感じてしまいます。

この感覚に共感できる方におすすめの対処方法があります。
それが「リラックスタイム」を設けることです。その中でも本日は手軽にできるコーヒーを淹れることを紹介します。

リラックスタイム 

リラックスタイム

リラックスタイムとは何か?
これは一般的に頭を空っぽにして何かに取り組むことで発生するとされています。

ことさら現代はスマホを見ていることが多く、脳が常に情報にさらされています。
その状態を意図的に脱し、空っぽにするのです。
それに最適な方法としてコーヒーを淹れることをお勧めしています。

ドリップパックでの淹れ方

蒸らし

それでは具体的な淹れ方を説明していきます。ポイントは1点のみです。蒸らしの時間を入れること!

「そんなこと?」と思われるかもしれませんがコーヒーにおいて蒸らしは重要です。
この工程を入れることで味の深みがぐっと増します。

では順を追って説明します。

①お湯を沸かす。

コーヒーのためのお湯を沸かしましょう。お湯の温度は一般的に90℃が良いとされています。完全に沸騰してから少しだけ待ちましょう。

②ドリップパックを用意する。

ドリップパックをカップにセットしましょう。

③お湯を注ぐ。

お湯を注ぎます。この時なるべくゆっくり注ぎましょう。またお湯がドリップパックの上から溢れないよう注意して注ぎます。

蒸らす!

ここで蒸らします。一度お湯を注いだら30秒程待ちます。

⑤再度お湯を注ぐ。

再度お湯を注ぎ、規定の量までコーヒーを抽出します。この時もゆっくりとお湯を注ぐことを意識してください。

これでおいしいコーヒーの完成です。

みなさんいかがだったでしょうか?ちょっとした一工夫でコーヒーが香り高く、おいしく入りますので是非お試しください。

また、コーヒーを淹れることに時間を掛けることで、一度頭をからっぽにしてリラックスタイムを作り出すことができます。

その後コーヒーを飲んでリフレッシュしてその日を過ごしましょう。

これで日々のモヤモヤを少しでも解消できれば幸いです!

それでは今日より少し良い明日を目指して!ではまた。

コーヒー
スポンサーリンク
管理人

コーヒーとダーツを好むアラサー男。
メーカー営業→人事システムコンサルタントに転職。
これまで4年ほどキャリアや人事関連の経験をもとに情報発信しています。

aiveをフォローする
aiveをフォローする
エイブの「賢くなりたい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました